« 2006年6月19日 AN本誤謬について(お詫びと訂正) | メイン | プロジェクトマネージャ試験小論文レッスン-2 »

2005年6月26日

2005年6月25日 プロジェクトマネージャ試験の小論文は簡単だ

プロジェクトマネージャ試験小論文レッスン-1

設問ア前半部を書こう
設問アの内容は大概決まっている

プロジェクトマネージャ試験小論文の設問アは大概決まっている。具体的には 「あなたが携わったプロジェクトの概要」である。だから、次の内容をおおよそ 次の内容を盛り込んでゆくと良い。

  • 基本的な内容:開発する情報システム(業種、システム)
  • テーマが規模見積の場合など:システム開発技法(例:オブジェクト指向)
  • テーマが要員認識の場合など:メンバ構成、組織体制
  • テーマが進捗管理の場合など:進捗管理上危惧される要素
  • その他:納期、顧客の状況など

設問アの前半部の字数は400字である。書きすぎて600字を超えないようにしたい。

設問ア前半部の留意事項

設問ア前半部は、設問イを書くための要素を埋め込んでおくべき箇所である。例えば 開発規模見積りリスク低減が小論文のテーマであるならば、開発規模見積に及ぼすリスク 要因をプロジェクト概要のなかに埋め込んでおくのである。これが上記のうちの「顧客 の状況」である。


簡潔に小論文の設問ア前半部を書いてみた

私が関与した情報システム開発プロジェクトは、IT企業A社のWeb系ポータルサイト
システムである。A社はWWWサーバを自社ドメインで立上げ、利用者に検索機能を中心
にして多目的な利便性を提供することにより広告収入の増加を計画していた。


本システムは、ルータ、WWWサーバ、データベースサーバによって構成されている。
WWWサーバのアプリケーション開発は共通的なミドルウェアに加えて特別な機能を
オブジェクト指向開発を行う。


開発組織は、プロジェクト管理者である私を加えて10人である。その構成は
データベースエンジンニア、プログラマ、ネットワーク設計者で構成される。
このプロジェクトの課題は、A社ポータルサイト機能で詳細部分が未決定である
点である。このため、開発が進むにつれてA社から、追加開発要件が提起される
ことが予想された。


(c)copyright アイ・リンク・コンサルタント




投稿者 kato : 2005年6月26日 11:38