« IT基盤計画書作成について | メイン | 会計データの電磁記録に関連するリスクについて »

2006年6月18日

IT技術の導入と検討事項について

技術導入のタイミングと検討事項について

要旨

私のお客様である複数のネット店長から、どのような技術の組合わせでWebサイトを構築したらよいのかという疑問が提起されました。

弊社では詳細な技術研究を開始しました。その結果を待つ間、現在の自分のシステムアナリストとしてのスタンスを示しておこうと 思います。

システムアナリスト加藤忠宏の意見
技術動向や技術導入リスクを含めた情報戦略について

 現在、上記のネット店長の質問に対して、「Web1.0~Web2.0」技術及び「Ajax(Asynchronous JavaScript + XML)」 を睨んで助言したいと考えています。その上で以下の内容に配慮しています

  • 企業規模(Webマスタの負荷、投資コスト)
  • プロジェクト計画(いつカットオーバするのか)
  • 業態(商品点数が多いか、商品の寿命が短いか長いか)
  • 業種(製造業か、卸売業か、小売業か、サービス業か)
  • 競合企業の動向(先進事例を含めて)
  • 技術リスクや配慮すべき事柄(SEO,デザイン性,セキュリティ、開発期間)

 あるネット店長Zさん(まったくの仮想)はXOOPSに技術的に傾斜されています。確かにXOOPSは優れた技術ですが、 それを活かすための方策を十分検討する必要があるということです。

XOOPSを導入することに関する検討例

Zさんの業種は何でもよいのですけれど、XOOPS導入する場合次のような助言を与えることにしています。

  • 企業規模(Webマスタの負荷、投資コスト):Web開発・運等の生産性があがるので賛成
  • プロジェクト計画(いつカットオーバするのか):この方の多忙さ、計画能力、計画遂行能力、現在のWebサイトからの移行計画が十分であるかを検討する必要がある
  • 業態(商品点数が多いか、商品の寿命が短いか長いか):部品点数が少ない企業などは、導入メリットがあるか。XOOPSなどのCMS(Contents Management System)は サイト規模が大きくなればなるほど有利という見解です。
  • 業種(製造業か、卸売業か、小売業か、サービス業か):小売業などはサイト表現のの詳細なディテールにこだわらないと商品が売れない等の事情があり、 画一的なモジュールやテンプレートを利用したサイト表現力で十分か
  • 競合企業の動向(先進事例を含めて):1社だけの評価だけでは危険なことと、その事例の前の状態がどのような状態であったかを冷静に比較検討する必要です
  • 技術リスクや配慮すべき事柄(SEO,デザイン性,セキュリティ、開発期間):XOOPSはCSSが入っているからSEOが有利という考えは短絡的である。むしろ、速攻効果ならMovable Typoe などの方が効果が高いことが当社の実証事例で照明されている

 要は、技術には100点のものはないので、XOOPSを導入すれば全ての問題が解決することができる わけではないということの認識が重要です。また、XOOPSにCSS(Cascading Style Sheets)が導入されているので 圧倒的にSEO的に有利という考え方は錯覚だと思います。

技術動向の配慮

 XOOPSは優れた技術です。しかし、それを生かすためには十分な経営環境や技術環境への配慮が必要なことを 強調したいと考えています。

  • Webマスタ、担当者はXMLあCSSに関する十分な理解をしている必要がある
  • Web2.0を睨んだ、技術的展望を見据えてサイト構築を立案する必要がある
  • XOOPSの根底技術であるPHPとSEO効果との関連性を十分に技術検討する必要がある
  • 他の技術との組み合わせ、代替手段を検討する必要がある
  • 果たして数ページしかない小規模WebにXOOPS導入の意味があるのか。そうであるならばMovable Type導入の方が効果があることが実践例で検証されている

 もし、Web担当者が単に「最新技術だから」「これを導入すれば先端企業としてのイメージが得られるから」「運用が楽である」などの単純理由で 導入するのであればもってのほかで、その技術導入が企業経営にどのような影響を及ぼすかをじっくりと考えてみる必要があるでしょう。

 Webサイトというものは、Webサイト内部の問題だけでなく、相互リンクやディレクトリ登録など他にも重要な課題が存在します。このような課題を含めて 総合的に技術導入を検討すべきでしょう。

 当社では、以上のような判断のもと、XOOPSは2年前から認識していましたが、あえてMovavle Typeを優先的に技術検討してきました。今後は大規模な Webサイト運用も任されていることから。これら大規模Webポータルサイトの運用やSEO対策を技術研究したいと考えています。

(c)有限会社アイ・リンク・コンサルタント



投稿者 kato : 2006年6月18日 12:47