« システムの全体計画の企画がパスする手段 | メイン | 08年より変わる、情報処理技術者試験 »

2006年7月31日

PM午後Iの解答法について

プロジェクトマネージャ試験の午後Iについて

生徒さんから午後Iの勉強法を尋ねられました

 最初はメールだけで対応しようかなと思いましたが、しばらくしているうちに考えたことがあるので簡潔に書きます

 この方は「解答例、そっくりの解答をするのですが不合格でした」とのことです 御本人さんはPMBOKの理解が足りないのではないかと悩んでおられますが、それだけではなさそうです。

プロジェクトマネージャ試験午後I解答時の留意点

 自分が受験生だったときに午後Iについて、考えていたことを書きます。

  1. 設問をよく読むこと
  2. どの場所に設問の解答のヒントがあるかを真剣に探索すること
  3. 例外はあるけれど、基本的に問題文中にある根拠を元に解答すること
  4. 問題文中に指摘した欠陥や無管理状態を放置する場合のリスクをしっかりと想定すること
  5. 解答にあたっては、問題文中の用語を使い解答すること
  6. 先に結論をかき、その後に理由や根拠を書くこと
解答例そっくりでも落ちることがある

 以前、システム監査技術者試験で落ちまくっていたときに、午後Iについて 反省したことがあります。それは解答例とそっくりな解答を作っていても、採点者にアピールできていないのではないか

 そこで次のようなことに注意して午後Iの解答を作ることにした。

  1. まず、基本として問題点を、あるいはプロジェクトリスク要因について問題文から抜書きする
  2. 根拠を書くときは、文書名、事実を必ず記載する
  3. 冗長な表現を使わない
  4. リスク等の理由を問われたら「~であるから」「~であるため」と語尾を統一して解答する
プロジェクトマネージャ試験午後Iはやさしい

 プロジェクトマネージャ試験の基本は次のような、あなたの行動様式がチェックされます

チェックされる行動様式
  1. プロジェクトリスクを察知して事前に対策を講じることができるか
  2. リスクヘッジの対策が適切か
  3. リスクヘッジ対策は契約書、民法など合理的なものに基づいて実施されているか
  4. 行動様式の中に顧客、上司に対する「報告・連絡・相談」が含まれているか
プロジェクトマネージャ試験はやさしい

プロジェクトマネージャ試験午後Iは高度試験のなかで一番易しい試験だと思っています。 その根拠は次のとおりです

  1. 民法、契約に関する知識以外の特別な知識は不要
  2. 問題文のなかに対外のヒントが潜んでいる

 つまりPMBOK(Project Management Body Of Knowledge)の特別な知識は 不要なのです。当たり前のことが当たり前にできれば良いのです。


プロジェクトマネージャ試験・小論文支援は、
(c)(有)アイ・リンク・コンサルタント 加藤忠宏



投稿者 kato : 2006年7月31日 08:32