« 中小IT系企業が取り組むべき課題とその対応について | メイン | アジャイル型超々小規模プロジェクト »

2006年7月 2日

中小企業診断士試験との難易度の比較について

システムアナリスト試験の難易度について

掲示板常連のWillさんからのご質問です。

こんにちは。プロジェクトマネージャー、システム監査技術者合格しました。
今年はこの後中小企業診断士、システムアナリストを受ける予定で勉強しております。
どうも中小企業診断士は二度目ですが勉強したことが頭に残りにくく、厳しく感じております。
一部の本では中小企業診断士試験の難しさは、システム監査技術者、システムアナリスト等より易しく範囲は 広いが勉強すればそれ程でもないとのコメントを見ました。
両方の資格を持つ先生から見てどうですか。
又システムアナリストと既に取得済みの二つの資格の難易度比較はどんな感じでしょうか。

中小企業診断士との難易度の比較
根本的な試験制度と国家試験としての思想の違い
 

Willさんのご質問を受けて、難易度を語る前に次のようなことを確認しておきたいと思います。

        
  1. 中小企業診断士試験は一次試験、二次試験、三次試験といった段階的選抜試験であること
  2.   
  3. 中小企業診断士とシステムアナリストとは要求される能力が異なること
  4.   
  5. 具体的にはIT技術等に関連する分野の知見にかかわる出題比重が相互に異なること
システムアナリストに受かりやすい人

 結論から言うと、システムアナリストに受かりやすい人は次のような人です

        
  1. IT的にはソフトウェア開発程度の知識で十分
  2.   
  3. 会計的には簿記の2級程度で十分、加えて関連法規の知識があればよい
  4.   
  5. 上記の2条件を満たした上で「情報戦略」というものをよく理解している人
中小企業診断士試験に受かりやすい人(IT系で)

 それではIT系で中小企業診断士に受かりやすい人とはどのような人でしょうか。

        
  1. IT的には上級シスアド程度の知識で十分
  2.   
  3. 経営学に関連する知識がMBA程度であること
  4.   
  5. 「情報戦略」というものを理解している必要は無い

 このように、試験に対する設計思想が異なるため、単純な難易度の比較が違うのです。

結論

 上記の事柄を踏まえてシステムアナリスト試験と中小企業診断士試験の比較をします。

        
  1. 勉強量の絶対量は中小企業診断士が10倍程度(出題範囲が広い)
  2.   
  3. 中小企業診断士の一次試験とだけを比較するとシステムアナリスト試験の方が難しい
  4.   
  5. 「情報戦略」の深さからだけ考えるとシステムアナリスト試験の方が難しい
  6.   
  7. 逆に「MBA的要素」の深さと広さから考えると中小企業診断士試験の方が難しい
  8.   
  9. 受験倍率から考えると中小企業診断士試験の方が難しい

 このように、試験によって要求する能力異なるため、どちらが難しいとは単純に言いがたい。しかし、あえていうと中小企業診断士の方が難しいと 思います。また、システムアナリストには「標準化」という概念が必要なのですけれど、中小企業診断士では「自己相対性」、「独自性」のある経営思想 が要求されます。この点が大きく異なる点です。また、中小企業診断士の経営理論は中小企業向けの理論構成であるのに対して、システムアナリストの経営理論はITベンダーから見たものであり、大企業向けであるということです。

監査、プロジェクトマネージャ試験との難易度の比較
監査試験との比較
 

システム監査に関してはあちこちで私語っているように、システムアナリストよりやや簡単な試験である認識が重要です。 そうしないと逆に合格しにくい。SEにとって、システムアナリストの難易度を100とするとシステム監査は85くらいでしょうか。 プロジェクトマネージャ試験はある程度、実務能力が必要なので90ではないでしょうか。

        
  1. システムアナリスト試験は経営戦略を正しく理解する能力が要求されるから難易度が高いと思う
  2.   
  3. システム監査はシステム監査基準に関する正しい理解を理解していれば合格できる可能性が高い
  4.   
  5. プロジェクトマネージャはPMBOKの理論的側面と実務的側面の両面の理解が必要である。
AU、PM合格者が診断士試験を受験する場合の留意点

 システム監査試験合格者もしくはプロジェクトマネージャ試験合格者が中小企業診断士試験を受験する場合の留意点を示します。

        
  1. 勉強量の絶対量を確保する必要がある。毎週15時間以上
  2.   
  3. 一次試験と二次試験では質・量とも難易度が急激に難化するので注意が必要
  4.   
  5. 情報処理技術者試験はスピード勝負ですが、診断士試験は思考の深さが必要
  6.   
  7. 「MBA的要素」の深さと広さに対応する必要がある(異分野の専門性への対応)
  8.   
  9. 診断士試験は浪人が強いので注意が必要
システムアナリスト試験の教育は
(c)有限会社アイ・リンク・コンサルタント



投稿者 kato : 2006年7月 2日 13:33