« 情報処理技術者試験、技能習熟度判定へ | メイン | エンベデッドシステム開発のITガバナンス »

2006年12月13日

ICタグシステムの導入と効果について

ICタグ利用で業務効率化

業務効率化の概要

アサヒビールはICタグを導入することによって配送情報を自動識別し、配送拠点における 仕分け作業の効率化をめざす。その概要は次のとおりです。

  1. 段ボール箱のバンドにつけたICタグをハンディー端末で読み取り配送情報を認識する
  2. 1日6時間の作業を1/5に低減する
  3. 人員の再配置によって年間1,000万円のコスト削減を目指す
  4. 今後は包装資材のコスト削減に活用する

情報システムの概要と導入の工夫

アサヒビールはICタグシステムの導入にあたり次のような工夫をしました。その概要は次のとおりです。

  1. 洋酒、焼酎、ワインなどの瓶の大きさが一定の商品3,000品目に取り扱い品目を絞り込む
  2. 中身が異なっていても、ケースが同じ大きさのビールは除外する
  3. まずは東日本向けの商材を流通させている平和島と名古屋の配送センターからパイロット的に導入
  4. 様子を見て福島等の15拠点に段階的に拡張する

情報システム導入の直接的効果

アサヒビールはICタグシステムの導入による直接的なメリットは次のとおりです。

  1. 仕分けの際にハンドヘルドターミナルでICタグを読み取り、瞬時にどの商品をどの取引先に出荷するかがわかる。
  2. このため、従来は荷物をいったん解体して、配送先別に再編成していたがその手間とコストが不要
  3. 当然ながら、包装資材も削減できる
  4. 配送荷物の仕分けも正確かつ迅速にできる

情報システム導入の投資額等

アサヒビールはICタグシステムの導入にかかる初期投資額等は次のとおりです。

  1. ICタグを設置する貨物バンドは約200本
  2. ハンディー端末は6台
  3. 端末を含めた投資額は4,000万円

システムアナリスト加藤の意見

もう少し、情報システムの詳細を知りたいところですけれど、次のような感想を持ちました。

  1. 4000万円の投資ならば5年くらいで償却ができそう
  2. アサヒビールなどの大企業にとって投資額は軽微ですむ
  3. 二度手間の排除によって作業の生産性も向上し、人材を他の付加価値の高い分野に転用できそう
  4. 包装の解体、再編にかかわる包装資材のランニングコストの削減を含めて考えれば2~3年で 投資額が回収できそう:売り上げの5%程度を包装資材と見ている
  5. パイロット的システムの導入を行い、運用状況と成果を見て他に段階的に普及するのも システム導入の常套手段
 みなさんはどのようにお考えでしょうか。



システムアナリスト教育はアイリンクコンサルタント



 出所:日経流通新聞2006年11月15日 アサヒビール「ICタグで仕分け効率化」




投稿者 kato : 2006年12月13日 11:38