« プロジェクトマネージャ試験小論文作成の留意事項(続き) | メイン | 未経験者のシステム監査技術者試験小論文対策 »

2007年9月 7日

システム監査技術者としての転職について

システム監査業界への転職について

 掲示板にご質問をいただきました。
 先日、システム監査技術者専門の人材紹介企業に経歴書を送りました。
その回答は『35歳で監査業務未経験、監査関連資格がないのでは、 大手SIerでのプロマネ相当の経験がなければ書類選考も難しい 』というものでした。

 監査法人などの求人情報の中には、監査業務の経験や資格がない場合、
システム運用経験や開発経験などいくつかの人材例が挙げられ、
いずれか該当する方などという記載のものもありました。

 このため、私のような未経験/無資格のものもIT業界である程度の経験
をつんでいれば求人はあるものだと思っていたので、
人材紹介会社の回答は私にとってはかなりきついものでした。

 実際のところ私のような年齢で監査業務未経験のものがシステム監査技術者として
働くことは難しいのでしょうか?
 システム監査技術者としてのリクルート活動についてアドバイス
をいただければと思います。

システム監査に関する需要


 自分の経験からシステム監査技術者に関する需要の有無は次のとおりです。



  1. ISMS更新などの審査のためのシステム監査の需要はありそう

  2. 上場企業などの会計監査の一環でのシステム監査需要は在りそう

  3. 行政からの依頼でシステム監査を実施した事例はある

  4. 中小企業、中堅企業ではむしろ通常業務の妨げという意識が強い


 従って、あなたがシステム監査人として転職しようとする場合、大手監査法人や有名システム監査専門の組織に転職ということになり、狭き門といえそうです。

実務経験を積むための解決方法について

 そもそも監査経験を積む機会が少ないのですから、 幾つかの方法をご提案申し上げます

  1. 監査経験だけを積むならISO関連がよい。特にISO9000が仕事が多い
  2. ISO9001品質保証、ISO17799(ISMS関連)の仕事ならチャンスがありそうです
  3. ISOの監査仕事をするなら、まず、セミナを受けて審査員補の資格を 取得する必要があります
  4. ISO関連の審査機関に所属していれば、監査の仕事も回ってきそうですね!

 ただ、ISOの場合、審査員補で居る期間は見習いということで無給です。 見習い期間は大卒の場合は審査員補助経験が5回です。その後、審査員、主任審査員 と昇格します。
 主任審査員の日当は6万円程度でしょうか。

監査という仕事

 自分が企業診断、監査などをしてみた経験から言うと(主観もまじりますが)次のとおりです。

  1. 基本的に文書レビューが多くなりますので、結構、大変です。
  2. 見落としが許されないので結構、神経を使います
  3. 仕事はクライアントの現場で実施することが多くなりますから、 移動が多くなり出張で家を空けることが多くなります
  4. よって、家族の理解と協力が必要です

 現在もセキュリティ関連の顧問先を持っているのですが、基本的に セキュリティ関連の仕事には後ろ向きです。せっかくよかれと思い、課題を 助言しても少しでもコストがかかりそうだと嫌な顔をされることがあります。
 基本的に訪問しても歓迎されないし、訪問しないと「なぜ来ないのだ」と いわれます。
 また、セキュリティ関連の法規の内容やその解釈も時代の推移と共に かわってゆきます。そのことを説明しても理解してもらえず「あのとき、ああ 言ったではないか」などといわれることも多いです。
 個人的には、システムアナリストとしての仕事の方が前向きで楽しく、 経営者から「売上や収益があがった、有難う」と素直に感謝していただけるので 気に入っています。




システム監査技術者試験 小論文・記述式 対策講座

(有)アイ・リンク・コンサルタント




投稿者 kato : 2007年9月 7日 08:32