« 中小企業も容易に取り組める情報セキュリティ対策について | メイン | 2008年システムアナリスト試験 午後II 問2 解答例 »

2008年10月 9日

システムアナリスト試験の題意の読み取りについて

システムアナリストと情報戦略

添削の生徒さん方からご質問いただきました
情報化戦略と情報化計画の理解について

”情報化計画”と”情報化投資計画”との違いは何なのでしょうか?
観点の違いというか、論述する際に意識すべきところが違うのだとは思いますが、 自分でもハッキリと違いを捕らえられていないのを感じます。

 情報戦略、情報(システム)化計画、情報(システム)化投資計画 の3つの言葉の区別が分かっていないようです。

 頭の中が、情報戦略 ≒ 情報化計画 ≒ 情報化投資計画です。

 過去の問題ですと、以下の論述問題などでの書くべきポイント、書き分けのポイントなどのアドバイスを頂けないでしょうか。 H13-1、H15-1、H18-2よろしくお願いします。

ご回答

 情報戦略と情報化計画と情報化投資計画の3つの用語の関係ですが、次のように考えます。

  • 「経営戦略」「事業戦略」を実現するために「情報戦略」を立案する。
  • 「経営計画」に基づいて「情報化計画」が立案される
  • 「情報化計画」に基づいて「情報化投資計画」が立案される

 情報化計画は、インフラとしての投資と、戦略性を帯びたSIS(Strategic Information System)的 投資とに分類されるでしょう。全社の場合は設備投資の一環として情報化計画が立案されますし、
 ライバル会社と競合しているような場合は、戦略的情報化計画が立案されるはずでしょう。 戦略性を帯びた情報化計画立案の際のポイントは以下のとおりです。
  • 顧客の囲い込みを行うためにCSを高める
  • そのためのSFA(Sales Fource Automation),CRM(Customer Relationship Management)機能の提供
  • 対顧客サービスやクレームに対するQR(Quick Response)
  • ポイントカードのような顧客便益の供与
各門別対応

 出先なので、回答できる範囲でお答えします。お尋ねのあった各問の要点は以下のとおりです。

  • H13年問1:経営革新にからんだ情報戦略で、経営革新を推進するためにITを利用するというテーマです。かなり 経営戦略と密着したテーマといえそうです。
  • H15年問1:この問題は既に、事業プランやビジネスモデルが明確になった計画に対して、ビジネス 支援用の情報システムを投資しようとするもの。したがって、事業計画の推進と歩調を合わせて投資計画を図るとともにトータルコスト削減なんど全体的最適化の視点から 情報化計画を論ずるのです
  • H18年問2:この問題の重要点は2つあって、①「競争力強化」, ②BPR(Business Process Re-Engineering)です。そのためのIT化プランを立案します
システムアナリスト試験、小論文対策講座(有)アイ・リンク・コンサルタント



投稿者 kato : 2008年10月 9日 14:07