プロジェクトマネージャ養成講座 |  プロジェクトマネージャ掲示板 |  プロジェクトマネージャ日記 |  プロジェクトマネージャ小論文合格講座CD 

プロジェクトマネージャ試験対策 論文の秘訣

何回論文を書いても不合格の方、以下の内容に思い当たる節はありませんか?
論文を書く前に、次のことを最低限理解してなければなりません。

■試験区分の職位と特徴を理解しましょう
  一口に情報処理技術者試験といっても、このように立場がこれだけ異なります。
資 格 職 位 特 徴
システムアナリスト CIO(情報統括役員) システムコンサルタントでも可能
プロジェクトマネージャ 管理職(部課長クラス) 開発全般に対して責任を負う
アプリケーションエンジニア 主任クラス サブシステムのチームリーダ

■論文執筆のスタンス
  したがって、各論文を書く場合には次のような活動について触れる必要があります。
資 格 技術的活動 管理活動
システムアナリスト 戦略立案・経営環境調査・要件定義 情報化を計画・予算確保
プロジェクトマネージャ 品質方針を示す。標準を定める。手続を定める。 管理・検証・レビュー・周知徹底・契約・調整
アプリケーションエンジニア 概要設計・業務分析 設計・テスト計画・移行


■プロジェクトマネージャ試験でやってはいけないこと
  こんな論文を書くと不合格になります。
やってはいけないこと 対 策
ユーザになること ユーザプロマネ あくまで開発側の立場を維持
開発者になること 設計する、保守する。 システム設計の品質方針を示す。
技術的詳細に触れすぎること 正規化理論を展開する なぜ、正規化理論を採用したか根拠を示す
理論のみ、実践のみで終始
→理論と実践の矛盾を埋める努力をしましょう。
例1)DOA手法を採用
例2)A君のミスをフォローした
例1)DOA手法を採用するうえで、性能との比較を行い、技術検討する。
例2)A君がミスをしないように教育する。
PMBOKを教条的に死守する PMBOKの理論を採用した。 品質は設計の段階で作り込み、その検証を行うために設計レビューを行った。

  苦しい、中間管理職の悲哀にまみれるのがプロジェクトマネージャなのです。



プロジェクトマネージャ養成講座 |  プロジェクトマネージャ掲示板 |  プロジェクトマネージャ日記 |  プロジェクトマネージャ小論文合格講座CD