システムアナリスト、情報処理試験に関する情報満載。論文・午後試験対策講座。教材販売、添削。論文サンプルあります。

システムアナリストは情報処理技術者試験最高峰の試験です。
システムアナリストに合格できれば、 あなたも、システムコンサルタントや情報戦略計画プロジェクトメンバへの道が開けるかもしれません。

しかし、現実には事例形式の記述式問題小論文試験など難関試験が待ち受けています。

他の高度資格をお持ちでありながら、システムアナリスト試験に合格できない方は、
「経営と情報戦略とのバランスの取り方が難しい」
「真実味のある情報戦略に関する論文が書けない」などの悩みをお持ちのはずです。

本講座はそのような悩みを解決するために、
可能な限りシステムアナリストの実務小論文論述のノウハウについて触れていきたい と考えております。

システムアナリスト 加藤忠宏
ber

システムアナリスト 小論文・記述式対策講座CD

システムアナリストは平成20年秋試験で終了し、ITストラテジストになりました。

ITストラテジスト試験対策講座についてはこちらから
ITストラテジスト試験完全攻略プロジェクトCDをお求めの方はこちらから


改訂第6版 2008年5月12日

  • 平成19年度午後U小論文を加筆(掲載論文数25本になりました!)。

小論文無料サンプルあります!

  • 情報システムの費用対効果、経営環境調査などシステムアナリストの実務に関する解説集が付いています。
  • 午後I対策(平成16年度〜19年度問題解答解説)も掲載。(無料サービス)
  • 昨年度会員様及び昨年度弊社他講座(PM・AU)会員の皆様には特別価格にてご提供致します。
  • 会員の皆様からの合格者の声

・午後II試験の評価ランクは,A です。・・・?! ギリギリと思いますので、これからも頑張ります。(A様)

・おかげさまで合格いたしました。合格発表までハラハラしていましたが、これでほっとしました。(B様)

・システムアナリスト合格しました。先生に添削頂いたアドバイスが本番試験でも活用することができ、今までより論文に具体性と深みを増して記述できました。(C様)

この1枚で短期集中!

講師加藤が本気のあなたをサポートします。

システムアナリスト小論文対策講座CD

システムアナリスト講座CD 製品仕様お申し込み

クレジット決済も受け付けています。

詳しくは『特定商取引法のための表示』をご覧ください。

※弊社の「電子媒体による個人向け論文添削サービス」は、
静岡県から経営革新支援法認定を受けております。(平成16年度認定)

加藤のシステムアナリスト、システム監査講義ノート

掲示板に書ききれない情報を日記風にまとめました。小論文作成のヒントにどうぞ。

続きはこちらから

システムアナリスト試験解答

情報処理技術者試験 システムアナリスト試験対策

小論文を書いてみましよう(CDサンプル)

平成10年問1 小論文作成例

平成14年問1 小論文作成例(CDサンプル)

→ページ先頭へ▲

システムアナリスト推薦図書

「勝機を確実にする 【業界別】業務知識で 提案・説得!」
技術評論社
  加藤忠宏 著


実力派SEコース 勝機を確実にする[業界別]業務知識で提案・説得!
  • 業種別の必須知識を列挙。重要性の高いものを取り上げる。
  • 企画・提案を行う現場で遭遇する困難な問題を事例や演習問題として取り上げ、実務対策の指針とする。

>>実力派SEコース 勝機を確実にする[業界別]業務知識で提案・説得!

「提案型コンサルタント養成講座」 同友館  加藤忠宏 著

「提案型コンサルタント養成講座」同友館 加藤忠宏著
  • システムアナリストの事例たっぷり
  • システムアナリストのアイデアたっぷり
  • 経営とITとの関係がわかる。
  • お陰さまで改訂4刷

注)書籍について訂正箇所等がございます。お手持ちの本にを訂正いただきますようお願い申し上げます。訂正し、お詫び致します。
訂正箇所については、こちらをご覧ください→「システムアナリスト、システム監査講義ノート

>>「提案型コンサルタント養成講座」

ber

「問題解決力」 ソフトバンクパブリッシング
ITプロフェッショナルのためのビジネススキル―有効なプランの提案―

加藤忠宏 著

  • 問題の抽出とITによるソリューションの案出。
  • 受注・成約アップにつながるコンサルティングスキル
  • 危機管理、電子入札、ISO更新、リストラ、業務改革、営業対策、CRM、SFAなどの事例に沿った解説
  • ヒアリング&インタビュー、コミュニケーション、問題抽出の思考、着眼力、展開力、構想力、収束力など実践で使えるノウハウ

>>問題解決力

システムアナリストの仕事

→ページ先頭へ▲