システムアナリスト養成講座のトップに戻る

2003(平成15)年度システムアナリスト試験午後II解答速報


※ 留意事項
 この解答速報は、アナリスト小論文試験等の「合格のためのガイドラインを予測するものです」完全性を保障するものではなく、また、利用される皆さんの合格を保証するものではありません。その点を十分、ご留意いただいたうえでご利用ください。

※ 新版CD「システムアナリスト養成講座」は2004年度6月末リリース予定
 
追加内容:H15年度試験論文問1、2、3 
  投資計画、経営計画の立案、経営革新計画の立案など実務

■合格のためのガイドラインと正答率
 合格と足切りのガイドラインは以下の通りであると予想します。

表1.AN試験の合格のガイドライン
試験 足切りの得点率 足切り割合 備考
午前 65%程度 @=受験者×50%程度 今回の問題は従来の出題より難しいので全体の正答率が下がる可能性があります。
午後I 70%程度 A=@×40%程度 午前の生き残りだけが採点されます
午後II 60%程度 B=A×40%程度 午後Iの生き残りだけが採点されます。正答率が55%程度まで合格の可能性があるかもしれません。
※これは試験センター発表の正式情報ではありません。弊社の推測値です


■午後IIの解答速報
[解答速報のポリシ]
 本解答速報のポリシは次の通りです。

1. 皆さん、それぞれが異なる経験をお持ちです。したがって、事例を挙げた論文は書きません
2. そこで、章番号、表題、論述の留意事項と合格に判定に必要とされる要素等について触れてゆきます

[平成15年 午後IIの解答速報目次]
総評
問1 新規ビジネスの立ち上げに必要な情報システム投資計画の策定
○ 問2 企業の枠を超えた業務プロセスの統合について
問3 ビジネスの変革のためのITの活用について

システムアナリスト養成講座のトップに戻る