システムアナリスト試験午後I対策

システムアナリスト 加藤忠宏


1 問題の読み方、解き方、選択の仕方


●設問から読み、解けるかどうか判断する(選択の仕方)
@ 問題文の分量が多い問題が解きやすい
A 前提条件の少ない問題が解きやすい

●設問の先頭に示されている前提条件をしっかり把握する
例)
「A社部長の意見」のなかでデータベース運用管理上の課題を述べよ。
「ネットワークセキュリティ対策上の課題」から、B社が守るべき体制を述べよ。
など

●前提条件に示されている部分を集中的に読む
 例)
[A社部長の意見]
@ XX年のYY月にはかっとオーバーしたい
A データベースアクセスのレスポンスを重視したい。そのためにデータ−ベース
の正規化を崩しても良い
B …

●解を見つけたら、その部分を抜き書きにする

 データ−ベースの正規化を崩すと、更新矛盾が発生することがある


●どうしても見つからない場合
 問題文の先頭で、特別な定義がある場合がある。
設問  システムの全面停止を回避するための対策はなにか。

問題文
 このシステムでは、商品群別に業務プログラムが存在する。
解.
 障害のあった業務プログラムを切り離し、縮退運転する。

ホームに戻る  次に進む  システムアナリスト小論文・記述式対策講座に戻る