高等学校教育のプログラミング教育のご協力できます

私のご提供できること

高等学校様のご希望のカリキュラムを伺い、時間数や人数、御校の戦略にもとづいて支援カリキュラムを構築できます。取りあえず私がお教えできることを書いておきます

課程 カリキュラム 教育内容
情報I 情報社会と問題解決 システム設計につながる業務分析の仕方、改革の進め方
コミュニケーションと情報デザイン ヒアリングの仕方、システム設計の仕方、要件定義書の書き方
コンピュータとプログラミング AIやDXのプログラム言語であるpythonプログラミング(基礎)
情報ネットワークとデータ活用 TCP/IPとインターネットの仕組み、DBの構造とSQL言語
情報II 情報社会と情報技術 情報セキュリティ,OS
コミュニケーションとコンテンツ JPEG,MP3,MP4動画活用、HTML+CSS
情報サイエンス前半、後半 統計とAIシステムとの関係
情報システムとプログラミング pythonを使った、データ分析のプログラミング技術
問題発見と探求 プログラミング演習問題

高等学校での教育歴(過去)

年度 高校学校名 教育内容
1989年~1996年 静岡県立静岡商業高校 ハードウェア、ソフトウェア(基本情報対策)
1996年 静岡県立島田商業高校 ハードウェア、ソフトウェア(基本情報対策)
1996年~1997年 静岡県立御殿場高校 ハードウェア、ソフトウェア(基本情報対策)
1996年 静岡県立島田商業高校 ハードウェア、ソフトウェア(基本情報対策)
1996年~1997年 静岡県立御殿場高校 ハードウェア、ソフトウェア(基本情報対策)

当時のミッションとして、商業高等学校生に大学進学の道筋を開くために、高等学校と連携し、在学中に経済産業省が実施する情報処理技術者試験二種(現在の基本情報)及び第一種(応用情報)を取得させることを計画しました。
結果、第二種、第一種合格者を毎年静岡商業高校で続発していただき、中央大学、多摩大学、静岡県立大学、東京経済大学などの進路に進んでいただきました。

加藤忠宏の情報処理関連の資格

年度 資格 説明
1985年 経済産業省 第二種情報処理技術者(現:基本情報) プログラム言語はアセンブラを選択
1988年 経済産業省 第一種情報処理技術者(現:応用情報) プログラム言語はCOBOLとアセンブラを選択
1990年 中小企業診断士「情報部門」二次試験合格 中小企業診断士本登録は1991年から
1994年 経済産業省 システムアナリスト(現:ITストラテジスト) 初回合格者です.情報施略の立案者の資格です。業務改革もします
1996年 経済産業省 上級シスアド(現:ITストラテジスト) 初回合格者です。ITストラテジストに編入されました。
2002年 経済産業省 情報セキュリティ(現:情報セキュリティマネジメント) 初回合格者です。ISO27001のISMSの推進者です
2003年 経済産業省 プロジェクトマネージャ プロジェクトの工程管理、労務管理、契約管理などを担当します
2004年 経済産業省 システム監査技術者 ITシステムの監査、BCP計画の監査を実施します。